文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

掲載日:2012年4月1日

名誉市民

戸豊吉

旧伊予市代市長

明治24年11月24日、尾崎に生まれる。

弓削商船中退。旧郡中町議、町長を歴任し、昭和30年、旧伊予市の初代市長に就任。市の基盤を確立し、郷土発展と産業文化の向上に大きく貢献した。氏は、50年にわたり、伊予の「花かつお」の製造に専念し、水産加工業界の発展に寄与することが大きかった。

昭和33年、黄綬褒章受章。

昭和40年、73歳で死去。同年勲六等瑞宝章受章。

(昭和38年9月8日贈)

知勇記

元郵政大臣

明治27年7月17日、下三谷に生まれる。

明治大学卒業。氏は25歳の若さで政界入りし、以来、松山市議、県議を経て昭和5年、衆議院議員に当選し、逓信政務次官を務めた。戦後、昭和29年の第1次鳩山内閣のとき郵政大臣に就任。また、財界でも重きをなし、愛媛新聞社長、愛媛新報副社長、山下汽船及び大王製紙顧問などを歴任した。郷土愛の精神に徹し、郷土の開発に貢献した。

昭和38年、70歳で死去。勲一等瑞宝章受章。

(昭和38年9月8日贈)

田彌太郎

旧双海町代町長

明治36年2月11日、双海町閏住に生まれる。

昭和17年旧下灘村(現在の双海町下灘地区)議会議員、昭和24年には議長の要職を歴任し、昭和26年旧下灘村長に就任した。その後、昭和30年、旧双海町発足の初代町長(3期12年)に就任。その温厚誠実な人柄と見識をもって町政の発展に尽力し、とくに教育・福祉・文化施設の整備、道路・漁港の改修整備等を献身的に成し遂げた。

昭和53年、勲五等双光旭日章受章。

昭和61年、83歳で死去。同年、叙正六位。

(昭和50年4月贈)

本善三郎

旧伊予市市長

明治39年3月31日、三島町に生まれる。

京都帝国大学卒業。昭和30年、伊予市発足と同時に、市議として市政に参加。以来、副議長、議長の要職を歴任し、昭和34年旧伊予市の第2代市長に就任。初代市長の基盤確立期から、発展期へと市政を継承し、連続4期16年間の長きにわたり、その誠実な人格と見識を持って安定した市の発展に貢献した。

昭和51年、勲四等瑞宝章受章。

昭和60年、79歳で死去。

(昭和50年10月1日贈)

本要

旧伊予市市長

大正13年1月2日、中村に生まれる。

旧制県立松山中学校卒業。北山崎農業協同組合組合長などを経て、合併統合による伊予農業協同組合誕生と同時に初代組合長に就任。その後、昭和50年に旧伊予市の第6代市長に就任し、以来、5期連続20年にわたり市政を担当し、臨海埋立造成事業、工業団地造成事業、住宅団地造成事業など、21世紀へのまちづくりの基礎を築いた。

平成7年、勲四等旭日小授章受章。

平成25年、89歳で死去。

(平成7年10月1日贈)

 

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

未来づくり戦略室  

伊予市米湊820番地

電話番号:089-909-6364

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?