文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ここから本文です。

掲載日:2019年5月8日

農地を転用するときには

農地を農地以外の用途に転用する場合には、法律(農地法第4条・第5条)による制限があり、市の農業委員会を通じて、県知事等の許可を受けなければなりません。(市街化区域内の農地を転用する場合は、届出、それ以外は県知事の許可が必要となります。)

市街化区域内以外の農地転用許可申請の手続きは、複雑な部分もありますので、転用に関するトラブルを避けるためにも、許可申請をする前に農業委員会にご相談ください。

農地転用とは(外部サイトへリンク)

申請に必要なもの

  1. 許可申請書(4条許可申請書(エクセル:97KB)5条許可申請書(エクセル:85KB))
  2. 土地登記簿謄本
  3. 現況写真
  4. 位置図
  5. 被害防除計画書
  6. 転用計画書
  7. 事業計画書
  8. 設計図書
  9. 資金計画書
  10. 預貯金の残高証明書
  11. 融資証明書

お問い合わせ先

農業委員会

お問い合わせ

農業委員会事務局  

伊予市市場甲127番地1

電話番号:089-983-6351

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?