文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 教育・子育て・福祉 > 子育て > 特別児童扶養手当

ここから本文です。

掲載日:2016年7月27日

特別児童扶養手当

受給することができる方

一定以上の障がいがあり、日常生活において介護を必要としている20歳未満の児童を監護している父または母(父母がいない場合は養育している方)に支給されます。

また、支給を受けるためには下記の条件にも該当しなければなりません。

  • 児童が施設などに入所していないこと
  • 障がいを支給条件とする公的年金を受けていないこと
  • 所得が一定の額以下であること
  • 児童や、父もしくは母、又は養育者が日本国内に住んでいること

手当額(平成28年4月改訂)

児童1人につき月額、下記の金額が支給されます。

  • 1級:51,500円
  • 2級:34,300円

必要書類

  • 特別児童扶養手当認定請求書(受給者、配偶者、扶養義務者及び対象児童の個人番号(マイナンバー)を記入していただきます。)
  • 請求者及び対象児童の戸籍謄本(抄本)
  • 世帯全員の住民票
  • 診断書(療育手帳(A判定に限る)を取得している方は、診断書を省略できる場合があります)
  • 特別児童扶養手当振込先口座申出書
  • 銀行の通帳(請求者名義のもの)
  • 印鑑
  • 個人番号が確認できるもの及び身元確認できるもの

その他、必要な書類がある場合は、窓口にてお伝えします。

注意事項

特別児童扶養手当を受給している方は、毎年8月中に「特別児童扶養手当所得状況届」を提出しなければなりません。この届の提出がなければ8月分以降の手当が受給できなくなります。
また、住所が変わったり障がいの程度が変わったりなどした場合には、各種届出が必要となります。

お問い合わせ

市民福祉部福祉課 

伊予市米湊820番地

電話番号:089-982-1121

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?