文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 暮らし > 健康・医療 > 健康診断 > 子宮頸がん・乳がん検診無料クーポン券

ここから本文です。

掲載日:2021年5月12日

がん検診無料クーポン券(子宮頸がん・乳がん)

がん検診の受診率50%を目指して、がんに関する正しい知識の普及とがん検診の受診のきっかけとなるよう、一定の年齢の方を対象に「がん検診無料クーポン券(子宮頸がん・乳がん)」と、がんについて解説した「がん検診手帳」をお送りしています。

対象者

対象の方には、7月頃に「がん検診無料クーポン券」を発送します。

  • 子宮頸がん検診:年度末年齢21歳(平成12年4月2日~平成13年4月1日生まれ)の女性
  • 乳がん検診:年度末年齢41歳(昭和55年4月2日~昭和56年4月1日生まれ)の女性

がん検診無料クーポン券の利用方法

職場等でがん検診をうける機会のある方は、保険者等による検診の受診を優先してください。受診機会のない方は、以下の方法からお選びください。

  • 子宮頸がん検診:市の集団健診、検診機関、医療機関
  • 乳がん検診:市の集団健診、検診機関

市の集団健診

伊予市広報5月号で配布される「集団健診のご案内」から、ご希望の日程・会場を選び、申込締切日までにお申込みください。自己負担はかかりますが、希望によりその他の検査項目も受診できます。

検診機関

希望する検診機関に直接電話でお申込みください。申込みの際には、「無料クーポン券を使う」ことをお伝えください。 

  • 愛媛県総合保健協会(松山市味酒町1-10-5):0120-636-489
  • 愛媛県厚生連健診センター(松山市鷹子町533-1):0120-874-702

医療機関

 希望する医療機関に直接電話でお申込みください。申込みの際には、「無料クーポン券を使う」ことをお伝えください。

  • いよ産婦人科(伊予市下吾川1442-13):983-0678 ※予約不要

無料クーポン券の再交付

 無料クーポン券を紛失した方、市外から転入してきた方は、再交付を行います。身分証明書、前市町村で配布された無料クーポン券(転入の場合)をお持ちのうえ、伊予市保健センターまでお越しください。

 

 がん検診を受けましょう

 20歳を過ぎたら、2年に1回「子宮頸がん検診」を受けましょう!

子宮頸がんは、子宮の入口にできるがんで、近年は20~30歳代の若い女性に急増しています。初期の段階ではほとんど無症状ですが、症状が進行すると子宮全摘が必要となる場合もあり、妊娠や出産ができなくなる恐れがあります。

子宮頸がん検診は、自分では気づかない、がんになる前の「前がん病変」や、ごく初期のがんを高精度に発見できます。検診では、ヘラやブラシを膣内に挿入し、子宮頸部の細胞を軽くなでるようにして採取します。痛みも少なく、数分で終わります。面倒だから、恥ずかしいからとためらわず、2年に1回、継続して検診を受けましょう。

2年に1回「乳がん検診」を受けましょう!

乳がんは、乳腺にできる悪性腫瘍で、女性に一番多いがんです。女性の11人に1人が発症すると言われており、30代後半から増え始め、40代後半~50代前半で最も多くなります。乳がんが進行すると、リンパ節や骨など乳房以外の臓器にがん細胞が転移し、命を脅かすこともあります。

乳がん検診(マンモグラフィ検査)は、小さなしこりや、しこりになる前の石灰化した微細ながん細胞を発見するのに威力を発揮します。検診では、乳房を2枚の板で挟み、圧迫して乳房全体を撮影します。圧迫によって痛みを感じる方もいますが、生理前の10日間を避けると痛みが少ないようです。女性なら誰でもかかる可能性のあるがんです。早期発見のために、2年に1回は乳がん検診を受けましょう。

お問い合わせ

市民福祉部健康増進課(保健センター) 

伊予市尾崎3番地1(伊予市総合保健福祉センター内)

電話番号:089-983-4052

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?