文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 暮らし > 健康・医療 > 健康診断 > 検診費用の免除

ここから本文です。

掲載日:2021年4月1日

検診費用の免除について

対象者の方は、「集団健診」と「い~よ1日ドック」で受診する下記の検査項目が無料になります。証明となるものを健診当日にお持ちください。

対象者

  • 後期高齢者医療保険加入者
  • 生活保護法による被保護世帯の方
  • 障害者手帳(1級・2級)をお持ちの方
  • 療育手帳(A)をお持ちの方
  • 当該年度の市民税が世帯全員非課税の方

料金免除になる項目

対象者の年齢は、年度末(2022年3月31日)時点の年齢です。

項目 内容 対象者
基本健診 検尿、血圧、血液検査、身体計測、診察等 30歳~39歳の方
肺がん検診 CR検査(胸部X線撮影) 40歳以上の方
胃がん検診 バリウム造影 40歳以上の方
大腸がん検診 便潜血反応検査 40歳以上の方
子宮頸がん 子宮頚部細胞診 20歳以上の女性で
前年度に子宮頸がん検診を受診していない方
乳がん検診 マンモグラフィ検診(乳房のX線撮影)

40歳以上の女性で
前年度に乳がん検診を受診していない方

料金免除の受け方

「集団健診」又は「い~よ1日ドック」を予約し、健診当日に証明となるものをご持参ください

 証明となるもの

  • 後期高齢者医療保険加入者:「保険証
  • 生活保護法による被保護世帯の方:福祉課発行の「生活保護受給証明書
  • 障害者手帳(1級・2級)をお持ちの方:「障害者手帳
  • 療育手帳(A)をお持ちの方:「療育手帳
  • 市民税が世帯全員非課税の方:保健センター発行の「がん検診等受診者負担金免除決定通知書

「がん検診等受診者負担金免除決定通知書」の申請方法(非課税世帯の方)

健診日の2週間前までに、身分証明書(保険証等)をお持ちのうえ、伊予市保健センターへお越しください。検診受診者ごとに申請が必要です。税務課が発行する所得(課税)証明書は使用できません。

お問い合わせ

市民福祉部健康増進課(保健センター) 

伊予市尾崎3番地1(伊予市総合保健福祉センター内)

電話番号:089-983-4052

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?