文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 国民年金 > 離婚時の年金分割

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

掲載日:2020年3月5日

離婚時の年金分割

離婚した場合、お二人の婚姻期間中の厚生年金を分割して、それぞれ自分の年金にすることができます。分割方法には、「合意分割」と「3号分割」の2種類があります。請求期限は離婚をした日の翌日から2年以内ですので、お早めに年金事務所までご相談ください。

合意分割

次の条件すべてに該当した場合に、お二人からの請求により厚生年金(共済組合の組合員である期間を含む)の保険料納付記録(標準報酬)を分割できる制度です。この制度により分割される記録は、婚姻期間中のお二人の保険料納付記録に限られます。

  • 平成19年4月1日以後に離婚している、または事実婚関係を解消※1している
  • お二人の合意や裁判手続きにより年金分割の割合を定めている
  • 請求期限(離婚をした日の翌日から2年)※2を経過していない

※1 事実婚関係にあった間に、お二人の一方が国民年金の第3号被保険者であった場合に限られます。

※2 分割請求期限の特例については、下記の日本年金機構ホームページをご覧ください。

3号分割

次の条件すべてに該当した場合に、国民年金第3号被保険者※1であった人からの請求により、相手方の保険料納付記録を2分の1ずつ分割できる制度です。この制度により分割される記録は、平成20年4月1日以後の国民年金第3号被保険者期間中の記録に限られます。

  • 平成20年5月1日以後に離婚している、または事実婚関係を解消している
  • 平成20年4月1日以後に、お二人の一方に国民年金の第3号被保険者期間がある
  • 請求期限(離婚をした日の翌日から2年)を経過していない

※1 国民年金第3号被保険者とは、厚生年金保険の被保険者、共済組合の組合員の被扶養配偶者で、20歳以

上60歳未満の人をいいます。

申請先

お近くの年金事務所

お問い合わせ

市民福祉部市民課国民年金担当

伊予市米湊820番地

電話番号:089-982-1113

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?