文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 暮らし > ごみ・リサイクル > 分別 > 市収集ごみとして収集できないもの

ここから本文です。

掲載日:2020年4月1日

市収集ごみとして収集できないもの

以下に該当するものは市では収集できません。

処分をする際は、購入店・販売店・または取り扱い業者に相談してください(有料になることがあります)。

排出禁止物

危険性のあるごみ

  • バッテリー、消火器、ガスボンベ、廃油、塗料、シンナー、農薬、毒物、医療用廃棄物(在宅用補充パック、脱脂綿、ガーゼ類、薬は除く)など

家電リサイクル法等で排出を規制されているもの

  • テレビ(ブラウン管式・液晶式・プラズマ式)
  • エアコン
  • 冷蔵庫
  • 冷凍庫
  • 洗濯機
  • 衣類乾燥機
  • パソコン

パソコンについては、令和2年4月から小型家電回収ボックスの投入口(縦30cm×横40cm)に入る大きさのものは回収できるようになりました。小型家電回収ボックスは、本庁舎と各地域事務所に設置してありますので、開庁時間であれば持ち込むことができます。投入口に入らない大きさのパソコンは、市では収集できませんので、適正処理をお願いします。

収集処分が困難なごみ

  • 自動車・単車(部品も含む)、タイヤ、農機具、家の改修などで出る建設廃材、農業用ビニール、ピアノ・大型家具など容量や重量が大きくて、大人一人で収集できない物

一時多量のごみ

  • 引っ越しや掃除などで一時的に大量に出るごみ
  • 「燃えるごみ」については、直接処理施設に搬入することはできますが、有料になる場合があります。

搬入先:伊予地区ごみ処理施設管理組合(三秋清掃センター)電話番号:089-982-1287

処分料金 20kgまで 無料
  20kg以上40kgまで 200円
  40kg以上は20kg増すごとに 100円追加
受付時間

月曜日~金曜日は8時30分~12時、13時~16時30分

土曜日は8時30分~11時30分

 
休業日 日曜日、年末年始(12月31日~1月3日)  

事業系のごみ

  • 会社・工場・事務所・飲食店・農業・漁業などの事業活動に伴って生じるごみ

※事業者自らの責任で処理しなければなりません。

お問い合わせ

産業建設部環境保全課 

伊予市米湊820番地

電話番号:089-909-6338

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?