文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ここから本文です。

掲載日:2019年12月10日

療養費

次のような診療を受けたときは、いったん全額自己負担になりますが、申請によりあとから自己負担分を除いた額の払い戻しを受けることができます。

  • 受付した申請は、後期広域連合により内容を審査します。審査に認められた後、支払いの準備になりますので、払い戻しには数カ月かかる場合があります。

対象となる医療行為

  1. 医師が治療上必要と認めた、コルセットなどの治療用装具の費用がかかったとき
  2. 医師の指示で、はり・きゅう、あん摩・マッサージ等の施術を受けたとき
  3. 急病などやむを得ない理由で、保険証を持たずに診療を受けたとき

などがあります。

申請に必要なもの

診療内容によって必要なものが異なります。

1.治療用装具の費用がかかったとき

  • 領収書
  • 医師の意見書
  • 後期高齢者医療被保険者証
  • 本人名義の振込先のわかるもの
  • 本人確認できるもの
  • 印かん

療養費の申請ができるときは、医師から案内があることが多いです。説明があったら、お手続きください。

2.はり・きゅう、あん摩・マッサージ等の施術を受けたとき

施術所を通じて申請します。詳しくはかかりつけの施術所へ確認ください。

3.保険証を持たずに診療を受けたとき

  • 領収書
  • 診療報酬明細書(レセプト)
  • 後期高齢者医療被保険者証
  • 本人名義の振込先のわかるもの
  • 本人確認できるもの
  • 印かん

診療報酬明細書は、診療を受けた医療機関へ請求してください。その際、文書が封緘されますが、開封せずに申請してください。

申請窓口

伊予市市民課、中山地域事務所、双海地域事務所

お問い合わせ

市民福祉部市民課後期高齢者医療担当

伊予市米湊820番地

電話番号:089-982-1113

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?