文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 暮らし > 健康・医療 > 予防接種 > 乳幼児接種(生後6か月から4歳)について

ここから本文です。

掲載日:2022年11月11日

乳幼児接種(生後6か月から4歳)について

生後6か月から4歳までを対象とした乳幼児向け新型コロナワクチンが薬事承認されたことを受け、伊予市では11月18日からワクチン接種を開始します。
本ワクチンを受ける際には、感染症予防等の効果と副反応のリスクの双方について、正しい知識を持っていただいた上で、保護者の方の意思に基づいて接種をご判断いただきますようお願いします。
周りの方に接種を強制したり、接種していない人に対して差別的な対応をすることのないようお願いします。

使用するワクチンについて

ファイザー社製(6か月から4歳用)
※乳幼児用のワクチンです。

接種間隔

合計3回接種して、初回接種が完了します。
1回目接種後、3週間あけて2回目を受け、2回目接種後、8週間以上あけて3回目を受けます。
通常の間隔を超えた場合には、なるべく速やかに接種してください。
・他のワクチン接種(インフルエンザを除く)とは2週間の間隔をあけることも考慮してお申し込みください。
・3回の接種の途中で5歳になった場合も、3回目まで同じ乳幼児用ワクチンを接種することになります。

対象者

伊予市に住民票のある生後6か月から4歳の方。

接種券の発送

対象者には、令和4年11月7日発送しました。

生年月日:平成29年12月1日生まれ~令和4年4月30日生まれの方
     令和4年5月生まれ以降の方は、生後6か月になる誕生月の月末に発送します。

接種場所

伊予市内での接種は集団接種のみとなります。
集団接種会場:伊予市保健センター

かかりつけがある場合は、その医療機関にワクチン接種の相談をしてください。

接種する場合の注意事項

・予診、接種に保護者の同伴が必要です。

・当日は下記の持参物を忘れずにお持ちください。
 1 お子様の本人確認書類(マイナンバーカード、健康保険証など)
 2 接種済証、予診票(保護者が署名)
 3 お薬手帳(持っている方のみ)
 4 母子健康手帳

接種予約日について

コールセンター又は予約webサイトでご確認ください。

副反応が起きた場合

 予防接種によって健康被害が生じ、医療機関で治療が必要になったり、障がいが残ったりした場合に予防接種法に基づく救済が受けられます。

 救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障がいが残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

 ・予防接種健康被害救済制度(厚生労働省ホームページ)(外部サイトへリンク)

接種に関する問い合わせ

 愛媛県

 新型コロナワクチンに関する相談(主に副反応に関する相談)

  ○接種実施後の副反応・禁止事項等に係る相談

  ○副反応等が出て、接種医・かかりつけ医を受診すべきがどうかの相談

    電話番号 0120-567-231(フリーダイヤル)

    受付時間 24時間対応(土日祝日含む) 

 伊予市

 新型コロナワクチン接種に関する相談

  ○接種予約に係る問い合わせ

    伊予市コールセンター:089-909-3205

  ○接種券、接種スケジュール、接種場所に係る問い合わせ

    伊予市相談窓口:089-989-5520

関連リンク

生後6か月~4歳の子どもへの接種(乳幼児接種)についてのお知らせ(厚生労働省HP)(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

市民福祉部健康増進課(保健センター)健康増進担当

伊予市尾崎3番地1(伊予市総合保健福祉センター内)

電話番号:089-983-4052

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?