文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 暮らし > 健康・医療 > 予防接種 > 子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の定期予防接種について

ここから本文です。

掲載日:2022年4月25日

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の定期予防接種について

子宮頸がんと子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)について

子宮頸がんは、子宮の入り口付近にできるがんで、「ヒトパピローマウイルス(HPV)」というウイルスの感染(ヒトパピローマウイルス感染症)が原因であることがわかっています。多くの場合、性的接触によって感染すると考えられています。
子宮頸がん予防ワクチンを接種することで、子宮頸がんの原因の多くを占めるHPV16型とHPV18型の感染を防ぐことができます。ただし、子宮頸がん予防ワクチンの接種により完全に子宮頸がんの発症を予防できるわけではないので、ワクチン接種に加え、早期発見のために20歳になったら子宮頸がん検診を定期的に受診することが重要です。

HPVワクチンに関するQ&A(厚生労働省ホームページ)(外部サイトへリンク)

子宮頸がん予防ワクチンの積極的な接種勧奨について

HPVワクチンは、平成22(2010)年11月から子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進事業として接種が行われ、平成25(2013)年4月に予防接種法に基づく定期接種に位置づけられました。平成25(2013)年6月から、積極的な勧奨(個別に接種を勧める内容の文書をお送りすること)を一時的に差し控えていました。その後、HPVワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され、接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められました。令和3(2021)年11月に、専門家の評価により「HPVワクチンの積極的勧奨を差し控えている状態を終了させることが妥当」とされ、原則、令和4年4月から、他の定期接種と同様に、個別の勧奨を行うこととなりました。
厚生労働省作成のリーフレットをお読みいただき、ワクチンの有効性とリスクを十分にご理解いただいた上で、接種についてご判断いただきますようお願いします。

厚生労働省リーフレット【概要版】「小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ」(PDF:4,155KB)

厚生労働省リーフレット【詳細版】「小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ」(PDF:5,747KB)

ヒトパピローマウイルス感染症~子宮頸がん(子宮けいがん)とHPVワクチン~(厚生労働省ホームページ)(外部サイトへリンク)

定期予防接種の対象者・接種方法等

対象者

小学校6年生~高校1年生に相当する年齢の女子

標準的な接種年齢

中学1年生相当年齢

接種方法

HPVワクチンには2種類あります。同じワクチンで3回の接種を受けます。

ワクチン名 サーバリックス ガーダシル
製造会社 グラクソ・スミスクライン MSD
効果・効能 ヒトパピローマウイルス(HPV)のうち、16型及び18型ウイルスの感染及び前がん病変の予防 ヒトパピローマウイルス(HPV)のうち、16型及び18型ウイルスと尖圭コンジローマや外陰上皮内腫瘍などの原因ともなる6型及び11型ウイルスの感染及び前がん病変の予防
接種回数 3回接種 3回接種
接種間隔 1月以上の間隔をおいて2回接種した後、1回目から5月以上、かつ2回目から2月半以上あけて3回目を接種する。
標準的には、1月以上の間隔をおいて2回接種した後、1回目から6月あけて3回目を接種する。
1月以上の間隔をおいて2回接種した後、2回目から3月以上あけて3回目を接種する。
標準的には、2月以上の間隔をおいて2回接種した後、1回目から6月あけて3回目を接種する。
接種方法 筋肉内接種 筋肉内接種

 

 1kei
2kei

 

接種費用

無料

持参品

母子健康手帳、健康保険証等、予診票・接種券
※予診票と接種券がない場合は、母子健康手帳をご持参のうえ、保健センターまでお越しください。

接種場所

医療機関に事前予約をしてください。

伊予市・伊予郡の予防接種実施医療機関(PDF:155KB)

お問い合わせ

市民福祉部健康増進課(保健センター) 

伊予市尾崎3番地1(伊予市総合保健福祉センター内)

電話番号:089-983-4052

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?