文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 暮らし > 健康・医療 > 予防接種 > 新型コロナウイルスワクチン接種について

ここから本文です。

掲載日:2022年5月9日

新型コロナウイルスワクチン接種について

新型コロナウイルスワクチン追加接種(3回目接種)のお知らせ

新型コロナウイルスワクチンについては、接種後の時間の経過とともに、ワクチンの有効性や免疫原性が低下することから、2回接種を終了した方のうち、6か月以上経過した12歳以上の方は追加接種(3回目接種)を受けることができます。(接種券の発送について

小児接種(5歳から11歳)について

令和4年1月21日に国で5歳から11歳までを対象とした小児向け新型コロナワクチンが薬事承認されたことを受け、3月4日からワクチン接種を開始しております。
小児接種は努力義務ではありません。本ワクチンを受ける際には、感染症予防等の効果と副反応のリスクの双方について、正しい知識を持っていただいた上で、ご本人及び保護者の方の意思に基づいて接種をご判断いただきますようお願いします。
周りの方に接種を強制したり、接種していない人に対して差別的な対応をすることのないようお願いします。

追加接種に使用するワクチン・交互接種について

1,2回目接種に用いたワクチンの種類にかかわらず、mRNAワクチン(ファイザー社製ワクチン又はモデルナ社製ワクチン)を使用します。

・集団接種(伊予市保健センター) モデルナ社製ワクチン
モデルナ社製ワクチン(厚生労働省「武田/モデルナ社製ワクチンについて」)(外部サイトへリンク)

・個別接種(各医療機関)     ファイザー社製ワクチン
ファイザー社製ワクチン(厚生労働省「ファイザー社製ワクチンについて」)(外部サイトへリンク)

国からのワクチン供給状況により変更することがあります。

モデルナ社製ワクチンとファイザー社製ワクチンの比較

ワクチンの比較表
3回目接種で使用するワクチン 接種量(注記) 有効成分の量
モデルナ社製ワクチン 0.25ml 50μg
ファイザー社製ワクチン 0.30ml 30μg

注記:3回目接種で使用するモデルナ社製ワクチンの接種量は、1、2回目接種で用いた量(0.50ml)の(0.25ml)となります。ファイザー社製ワクチンは1、2回目接種と同量です。

有効成分の量

モデルナ社製ワクチンは、ファイザー社製ワクチンと比較して有効成分の量が多くなります。

また、3回目接種でモデルナ社製ワクチンとファイザー社製ワクチンのいずれを接種した場合も、2から4週間経過後には感染予防、発症予防、重症化予防(注記)の効果が上昇していることや、2回目接種時より中和抗体価が上昇していることが英国健康安全保障庁(UKHSA)及び米国で実施された臨床試験の結果から報告されています。
注記:重症化予防には入院予防を含む。

追加接種(3回目)の安全性(副反応)

ファイザー社及び武田/モデルナ社の薬事承認において、3回目の接種後7日以内の副反応は、1・2回目の接種後のものと比べるとどちらのワクチンにおいても、一部の症状の出現率に差があるものの、おおむね1・2回目と同様の症状が見られました。

・2回目の接種後と比較して、主にわきの下のリンパ節の腫れが多く(5%程度)報告されています。

・3回目接種の1~4日目に、主に腋窩リンパ節の腫れがみられます。ほとんどの場合は症状は軽く、数日以内に回復することが多いですが、腫れがひどかったり長引く場合は、医療機関を受診してください。

モデルナ社製ワクチンの有効性・安全性について

ファイザー社製ワクチンで初回接種を行った方に対して、ファイザー社、モデルナ社を用いた追加接種を行った研究によると、ファイザー社よりも、モデルナ社を用いた方が、抗体価がより上昇した(感染予防や重症化予防により高い効果が期待できる)こと、副反応は初回接種と同程度であったという結果が報告されています。

厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会では、米国の研究報告から3回目接種時に交互接種を実施した際の抗体価は十分上昇したデータが発表されています。

3回目接種による中和抗体価の上昇
1回目 2回目 3回目 中和抗体価の上昇
ファイザー ファイザー ファイザー 20.0倍
ファイザー ファイザー モデルナ 31.7倍
モデルナ モデルナ ファイザー 11.5倍
モデルナ モデルナ モデルナ 10.2倍

注記:モデルナ社製ワクチンは、3回目接種では、0.25ml(50μg)接種することになっていますが、研究では0.50ml(100μg)接種した結果が報告されています。

 交互接種を伴う3回目接種の副反応は、1、2回目接種で報告された副反応と同程度であり、また、交互接種を伴う3回目接種と、交互接種を伴わない3回目接種の間で、副反応は同様であったと報告されています。

 接種券の発送について

3回目接種時期を迎えた方から接種券を順次発送しています。

2回目接種時期

発送時期

令和3年6月1日~
令和3年6月13日までに
2回目接種を完了している高齢者

令和4年1月17日発送

令和3年6月14日~
令和3年6月20日までに
2回目接種を完了している高齢者

令和4年1月26日発送
令和3年6月21日~
令和3年6月26日までに
2回目接種を完了している高齢者
令和4年1月28日発送
令和3年6月27日~
令和3年6月30日までに
2回目接種を完了している高齢者
令和4年1月31日発送
令和3年7月1日~
令和3年7月9日までに
2回目接種を完了している高齢者
令和4年2月2日発送
令和3年7月10日~
令和3年7月20日までに
2回目接種を完了している高齢者
令和4年2月4日発送
令和3年7月21日~
令和3年7月31日までに
2回目接種を完了している高齢者
令和4年2月8日発送
令和3年8月1日~
令和3年8月8日までに
2回目接種を完了している高齢者
令和4年2月8日発送
令和3年8月9日以降に
2回目接種を完了している高齢者
2回目接種完了から
6か月経過後に発送
令和3年6月1日~
令和3年6月30日までに
2回目接種を完了している64歳以下の方
令和4年2月17日発送

令和3年7月1日~
令和3年7月31日までに
2回目接種を完了している64歳以下の方

令和4年2月18日発送
令和3年8月1日~
令和3年8月15日までに
2回目接種を完了している64歳以下の方
令和4年2月24日発送
令和3年8月16日~
令和3年8月31日までに
2回目接種を完了している64歳以下の方
令和4年3月7日発送

令和3年9月1日~
令和3年9月10日までに
2回目接種を完了している18歳以上の方

令和4年3月11日発送
令和3年9月11日~
令和3年9月17日までに
2回目接種を完了している18歳以上の方

令和4年3月16日発送

令和3年9月18日に
2回目接種を完了している18歳以上の方
令和4年3月18日発送
令和3年9月19日~
令和3年9月24日までに
2回目接種を完了している18歳以上の方
令和4年3月25日発送
令和3年9月25日~
令和3年9月30日までに
2回目接種を完了している18歳以上の方
令和4年3月30日発送
令和3年10月1日~
令和3年10月4日までに
2回目接種を完了している18歳以上の方
令和4年4月8日発送

令和3年10月5日~
令和3年10月19日までに
2回目接種を完了している12歳以上の方

令和4年4月19日発送

~令和3年10月4日までに
2回目接種を完了している12歳から17歳の方

令和4年4月19日発送

令和3年10月20日~
令和3年10月26日までに
2回目接種を完了している12歳以上の方

令和4年4月26日発送
令和3年10月27日~
令和3年10月31日までに
2回目接種を完了している12歳以上の方
令和4年5月2日発送
令和3年11月1日~
令和3年11月9日までに
2回目接種を完了している12歳以上の方
令和4年5月9日発送予定
令和3年11月10日~
令和3年11月16日までに
2回目接種を完了している12歳以上の方
令和4年5月16日発送予定

令和3年11月17日以降に
2回目接種を完了した12歳以上の方

令和4年5月17日以降に順次発送予定

2回目接種完了の早い方から順に発送いたします。
お手元に接種券等が届きましたらお申込みしてください。

2回目接種後に転入された方へ

2回目接種後に伊予市へ転入された方については、下記のとおり申請書を提出してください。

接種券発行申請書(PDF:570KB)

・接種記録を確認できる書類(接種済証、接種記録書等)

提出先:〒799-3127 愛媛県伊予市尾崎3番地1 
伊予市総合保健福祉センター 伊予市健康増進課伊予市保健センター

12歳になる方の接種券の発送時期について

12歳になる方の接種券は、誕生月の月末に発送します。

新型コロナウイルスワクチン接種について(1,2回目接種)

新型コロナウイルスワクチン接種について、11月以降は規模を縮小し、下記日程のとおり実施しますのでご希望の方はお早めにご予約ください。また、他予防接種とは2週間の間隔を開けてからの接種となりますのでご注意ください。

○令和4年5月15日(日)午前11時45分から  2回目接種は6月5日(日)

○令和4年5月21日(土)午後2時00分から   2回目接種は6月11日(土)

場所:伊予市保健センター
ワクチンの種類:ファイザー社製ワクチン

ワクチン接種は予約制です

ワクチン接種は、事前に予約が必要です。
接種券等がお手元に届いた方から予約することができます。

接種の流れ

1 市からワクチンの接種に必要な接種券等が郵送で自宅に届く。
2 接種会場を選んでコールセンター(909-3205)へ電話またはインターネット予約サイトで接種予約を行う。

インターネット予約サイト

qryoyaku

 ・インターネット予約方法(PDF:1,320KB)

※接種を予約する際は、接種券に記載されている10桁の「接種券番号」が必要になります。

※パスワードについて
・1、2回目接種をインターネットで予約された方は以前ご自身で設定したパスワードを入力してください。
・初めてインターネットで予約をされる方は生年月日を入力してください。その後新しいパスワードを設定していただきます。
 ・パスワードを忘れた場合はご自身で再設定することもできますが、再設定が難しい場合はリセットを行うこともできます。 詳しくはコールセンターか保健センターへご連絡ください。

3 予約した接種会場でワクチンを接種

新型コロナウイルスワクチン接種会場での写真等撮影について

 新型コロナウイルスワクチン接種会場にて無断で写真や動画撮影をする方がいらっしゃいます。接種会場では、来られる方のプライバシー確保のため、写真・動画撮影は禁止しておりますのでご協力をお願いいたします。

住所地外での接種

 新型コロナワクチンの接種対象者については、原則、住民票所在地の市町村において接種を行うこととしていますが、やむを得ない事情で住民票所在地以外に長期滞在している方は、接種を行う医療機関等が所在する市町村に事前に届出を行うことにより、接種を受けることができます。

1,2回目接種時に提出している方も、追加接種(3回目接種)時には再度提出が必要です。

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書

予防接種法に基づいて新型コロナワクチン接種の記録等を、申請に基づき交付します。
令和3年12月20日から新型コロナウイルス感染症予防接種証明書がデジタル化されました。

「新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎」についての10代、20代の男性と保護者へのお知らせ

副反応が起きた場合

 予防接種によって健康被害が生じ、医療機関で治療が必要になったり、障がいが残ったりした場合に予防接種法に基づく救済が受けられます。

 救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障がいが残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。

 ・予防接種健康被害救済制度(厚生労働省ホームページ)(外部サイトへリンク)

接種に関する問い合わせ

 愛媛県

 新型コロナワクチンに関する相談(主に副反応に関する相談)

  ○接種実施後の副反応・禁止事項等に係る相談

  ○副反応等が出て、接種医・かかりつけ医を受診すべきがどうかの相談

    電話番号 0120-567-231(フリーダイヤル)

    受付時間 24時間対応(土日祝日含む) 

 伊予市

 新型コロナワクチン接種に関する相談

  ○接種予約に係る問い合わせ

    伊予市コールセンター:089-909-3205

  ○接種券、接種スケジュール、接種場所に係る問い合わせ

    伊予市相談窓口:089-989-5520

 

その他

 ・「新型コロナウイルスワクチンについて」-首相官邸ホームページ(外部サイトへリンク)

 ・「新型コロナウイルスワクチンについて」-厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)

 

 

 

お問い合わせ

市民福祉部健康増進課(保健センター)

伊予市尾崎3番地1(伊予市総合保健福祉センター内)

電話番号:089-983-4052

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?