文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 教育・子育て・福祉 > 福祉 > 介護保険 > おもに事業者やケアマネジャーの方への情報 > 訪問介護(生活援助中心型)の回数が多いケアプランの届出について

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

掲載日:2018年9月11日

訪問介護(生活援助中心型)の回数が多いケアプランの届出について

平成30年10月より、訪問介護における生活援助中心型サービスの利用回数が基準回数を超えるケアプランについては、保険者への届出が必要となります。

厚生労働大臣が定める回数および訪問介護

訪問介護(生活援助中心型サービス)の回数(1月あたり)
要介護度 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
基準回数 27回 34回 43回 38回 31回

 

 

 

上記の回数には、身体介助に引き続き生活援助が中心である訪問介護を行う場合(生活援助加算)の回数を含みません。

届出の時期及び期限

平成30年10月1日以降に、利用者の同意を得て交付(作成または変更)をしたケアプランにより、上記の回数以上の訪問介護を位置付けたものについて、翌月の末日までに届出てください。

作成または変更の際に届出が必要な回数を超える理由については、ケアプランの記載内容から分かる場合には、ケアプランのみを提出すれば足ります。そうでない場合は、別途理由書(任意)を添付してください。

参考資料<厚生労働省通知>

「厚生労働大臣が定める回数及び訪問介護」の公布について(平成30年5月10日老振発0510第1号)介護保険最新情報Vol.652(PDF:176KB)

「平成30年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.1)(平成30年3月23日)」の送付について【抜粋】(平成30年3月23日厚労省事務連絡)介護保険最新情報Vol.629(PDF:714KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民福祉部長寿介護課 

伊予市米湊820番地

電話番号:089-982-1117

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?