文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 暮らし > 戸籍・住民の手続き > マイナンバーカード

ここから本文です。

掲載日:2020年5月25日

マイナンバーカード

マイナンバーとは、日本国内の外国籍住民を含む全ての住民に割り当てられた12桁の番号のことです。

割り当てられた番号は、通知カードによって通知されます。

制度については、社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)をご覧ください。

通知カードとは?

マイナンバーの通知カードは、平成27年10月中旬以降に住民票を有する全ての住民に対し、簡易書留により郵送されています。

配達時に不在などにより受け取りいただけなかった通知カードは、通知カードを発行した時点での住所地市区町村役場が保管しておりますが、3ヶ月の保存期間経過後は廃棄しております。詳しくは通知カード発行時点の市区町村役場にお問い合わせください。

通知カードには、氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバーなどが記載されています。記載されている方のマイナンバーを確認する書類としてご利用いただけますが、運転免許証のように本人確認書類としてご利用いただくことはできません。


法改正により、令和2年5月25日から通知カードは廃止されます。

これにより、通知カードの記載事項変更や再交付の手続きも廃止されます。

通知カードに記載された氏名、住所等が住民票と一致している場合は、引き続きマイナンバーを証明する書類としてご利用いただけます。

新しくマイナンバーが付番される方は、「個人番号通知書」の送付によりマイナンバーを通知いたします。(マイナンバーを証明する書類としては利用不可)」

5月25日以降、通知カードに記載された氏名、住所の記載事項の変更がある方や「個人番号通知書」が届いた方は、マイナンバーカードまたはマイナンバーが記載された住民票の写し若しくは住民票記載事項証明書でマイナンバーの証明が可能です。

マイナンバーカードとは?

マイナンバーカードは、平成28年1月から交付が始まったカードです。顔写真付きの本人確認書類としてご利用いただけるほか、マイナンバーの証明、様々な行政サービスなどにご利用いただけます。

マイナンバーカードは、発行から10回目の誕生日が有効期限です。

マイナンバーカードを発行したときに20歳未満だった場合は、発行から5回目の誕生日が有効期限です。

マイナンバーカードに搭載されている電子証明書を使って、e-Taxなどの電子申請やコンビニで住民票等が取得できるコンビニ交付を利用できます。

マイナンバーカードに関するお知らせ

お問い合わせ

市民福祉部市民課住基・戸籍担当

伊予市米湊820番地

電話番号:089-982-1112

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?