文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 国民健康保険 > ジェネリック医薬品のご案内

ここから本文です。

掲載日:2019年11月5日

ジェネリック医薬品のご案内

ジェネリック医薬品とは、新薬(先発医薬品)の特許期間が切れた後、厚生労働大臣の承認のもと、新たに他社から製造販売された「後発医薬品」といわれる医療用の医薬品のことです。

安全性と効果について

ジェネリック医薬品は、新薬と有効成分やその含有量は同じです。
さまざまな試験が行われ、効き目や安全性も確認されています。また、薬の価格についても、新薬と比べて開発コストが少ないため、低価格となっています。
市の国民健康保険の医療費は、年々増加傾向にあります。ジェネリック医薬品の普及が進めば薬代が節約できるため、皆さんが支払う医療費や国民健康保険が負担する医療費の節減にもつながります。

ジェネリック医薬品を利用するには

新薬かジェネリック医薬品かの選択に患者も参加できるようになりました。
「ジェネリック医薬品でお願いします。」と書かれた保険証ケースを市民課の窓口で配布しています。
保険証や診察券と一緒に医療機関の窓口へ提示するだけで、簡単に希望を伝えることができますので、ぜひ活用してください。

  • 特許期間は20年から25年であるため、全ての新薬に対してジェネリック医薬品があるわけではありません。
  • ジェネリック医薬品の利用については、医師や薬剤師とよく相談してください。

お問い合わせ

市民福祉部市民課国民健康保険担当

伊予市米湊820番地

電話番号:089-982-1113

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?