文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険の加入

ここから本文です。

掲載日:2021年4月14日

国民健康保険の加入

国民健康保険に加入する場合、異動のあった日から14日以内に手続きしてください。

  • 手続きは、世帯主、国民健康保険に加入する方、または住民票上の同一世帯の方に限ります。それ以外の方が代理で手続きする場合は、委任状(PDF:78KB)が必要です。

前の住所地で国民健康保険に加入していた方が伊予市に転入したとき

転入が確定した日から伊予市の国民健康保険に加入します。保険証は住民票の転入手続きした日に発行します。手続きに必要なものは次のとおりです。

  • 前の住所地の転出証明書の写し
  • 届出人の本人確認できるもの
  • 世帯主及び転入者のマイナンバーが確認できるもの

職場の健康保険等を脱退したとき

前の会社の健康保険等の資格を喪失した日から、国民健康保険に加入します。保険証は手続きした日に発行します。手続きに必要なものは次のとおりです。

  • 前の会社の健康保険等の資格喪失証明書
  • 届出人の本人確認できるもの
  • 世帯主及び加入者のマイナンバーが確認できるもの

健康保険の任意継続について

会社の健康保険の資格を喪失した方は、原則、国民健康保険に加入しますが、前の健康保険に一定期間以上継続して加入していた場合等の要件を満たすことによって、引き続きその健康保険に加入できます。これを「任意継続」といいます。

任意継続ができる場合、任意継続保険にするか国民健康保険にするかのどちらかを選択できます。

任意継続を選択したい、または制度について詳しい内容を知りたい場合は、退職された会社等へ問い合わせいただき、お手続き等お願いします。

加入できる期間

原則2年間

  • 退職してから約20日を過ぎると、手続きができなくなる場合があります。

医療費

国民健康保険に加入した場合と同じ、3割(年齢によって2割)です。

加入できる要件や保険料等

加入していた健康保険によって異なります。退職された会社等へお問い合わせください。

国民健康保険税の試算について

任意継続との選択を考える際、仮に国民健康保険へ加入したらどれくらいの保険税になるのかを知りたい場合があります。税務課で試算ができますので、お問い合わせください。

健康保険等の被扶養者でなくなったとき

職場の健康保険等の扶養でなくなり、他の健康保険に加入しない方は国民健康保険に加入します。保険証は手続きした日に発行します。手続きに必要なものは次のとおりです。

  • 前の職場の健康保険等の資格喪失証明書
  • 届出人の本人確認できるもの
  • 世帯主及び加入者のマイナンバーが確認できるもの

国民健康保険に加入している方にこどもが生まれたとき

国民健康保険に加入している方にこどもが生まれた場合、国民健康保険に加入します。出生届を届けにきたときに保険証を発行します。手続きに必要なものは次のとおりです。

  • 届出人の本人確認できるもの
  • 世帯主及び加入者のマイナンバーが確認できるもの

生活保護を受けなくなったとき

生活保護を受けなくなり、他の健康保険に加入しない方は国民健康保険に加入します。保険証は手続きした日に発行します。手続きに必要なものは次のとおりです。

  • 保護廃止通知書
  • 届出人の本人確認できるもの
  • 世帯主及び加入者のマイナンバーが確認できるもの

申請窓口

伊予市市民課、中山地域事務所、双海地域事務所

お問い合わせ

市民福祉部市民課国民健康保険担当

伊予市米湊820番地

電話番号:089-982-1113

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?