文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 国民年金 > 新型コロナウイルス感染症に関する国民年金保険料の免除等

マイメニュー

使い方

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

掲載日:2021年1月21日

新型コロナウイルス感染症に関する国民年金保険料の免除等

新型コロナウイルス感染症の影響により国民年金保険料の納付が困難な方へ

令和2年2月以降に新型コロナウイルス感染症の影響により収入源となる業務の喪失や売り上げの減少などが生じて所得が下がった場合には、臨時特例措置として本人申告の所得見込額を用いた簡易な手続きにて国民年金保険料免除申請・国民年金保険料学生納付特例申請が可能になりました。

申請の対象となる期間

令和元年度分として、令和2年2月分から令和2年6月分まで

(すでに保険料が納付済みの月を除く)

令和2年度分として、令和2年7月分から令和3年6月分まで

(すでに保険料が納付済みの月を除く)

学生の方のみ

令和元年度分として、令和2年2月分から令和2年3月分まで

(すでに保険料が納付済みの月を除く)

令和2年度分として、令和2年4月分から令和3年3月分まで

(すでに保険料が納付済みの月を除く)

届出に必要なもの

1.年金手帳

2.本人確認ができるもの

3.印鑑

学生の方のみ

学生等であることまたは学生等であったことを証明する書類

(在学期間のわかる在学証明書や学生証)

届出先

伊予市役所 市民課 

松山西年金事務所

詳細

詳しくは、下記のリンク先の内容をご確認いただくか、もしくは専用ダイヤルにてお問い合わせください。

日本年金機構ホームページ(新型コロナウイルス感染症の影響による減収を事由とする国民年金保険料免除について)(外部サイトへリンク)

ねんきん加入者ダイヤル 0570-003-004

松山西年金事務所 089-925-5105

保険料の追納

国民年金保険料の免除や猶予を受けた場合は、全額納付したときに比べ受け取る年金額が少なくなります。免除などをうけた期間の保険料は、10年以内であれば後から納付(追納)することができます。

お問い合わせ

市民福祉部市民課国民年金担当

伊予市米湊820番地

電話番号:089-982-1113

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?