文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 暮らし > 健康・医療 > 健康啓発・相談 > マダニの感染症にご注意!

ここから本文です。

掲載日:2019年4月22日

マダニの感染症にご注意!

マダニの活動が活発な時期になりました。例年、この時期から、マダニに咬まれて感染する「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の発生が増加します。

農作業やレジャーなどで野山、畑、草むらなどに入る場合は、十分注意しましょう。飼い犬等に付いているマダニにも注意が必要です!

マダニとは

屋外に生息する比較的大型(吸血前3~8mm、吸血後10~20mm)のダニです。家庭で食品や衣類などにつくダニとは種類が違います。

主な症状

ウイルスを保有するマダニに咬まれて6日~2週間後に、発熱、嘔吐、下痢、腹痛などの症状が現れます。重症化し、死亡することもあります。

予防のポイント

マダニに咬まれないことが重要です。山林、草むらなどマダニが生息する場所に入るときは、肌を出さないよう、長袖、長ズボン、足を完全に覆う靴、帽子、手袋等を着用しましょう。

飼い犬等がマダニを付けて持ち帰ることがありますので、散歩後はブラッシングし、犬小屋等は常に清潔に保ちましょう。マダニ忌避剤も有効です。

吸血中のマダニに気づいたら、つぶしたり、無理に引き抜いたりせず、病院(皮膚科)で処置してください。熱などの症状が出たら、速やかに病院を受診しましょう。

リーフレット「マダニの感染症にご注意!」(PDF:728KB)

愛媛県ホームページ「ダニ媒介感染症にご注意!」(外部サイトへリンク)

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の注意喚起について(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民福祉部健康増進課(保健センター) 

伊予市尾崎3番地1(伊予市総合保健福祉センター内)

電話番号:089-983-4052

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?