文字サイズ
大
小
色合いの変更
音声読み上げ
Foreign Language

ホーム > 暮らし > 健康・医療 > 健康啓発・相談 > 腸炎ビブリオ食中毒注意報が発令されました!

ここから本文です。

掲載日:2019年6月17日

腸炎ビブリオ食中毒注意報が発令されました!

腸炎ビブリオ食中毒は夏期に集中的に発生します。食中毒の発生が危惧される気象条件になりましたので、注意報が発令されました。
食中毒の3原則「清潔」、「迅速」、「温度管理」に十分注意しましょう。

予防のポイント

魚介類は、調理前に流水(真水)でよく洗う
・腸炎ビブリオは真水に弱い。
・大量の流水(真水)で十分洗浄すること。

魚介類専用の調理器具を使い、二次汚染を防止する
・鮮魚調理後のまな板など、特に注意して洗浄・消毒すること。
・専用器具を使用すること。

手洗いの徹底
・手洗いを徹底すること。

短時間でも冷蔵保存(4℃)を徹底
・刺身等は僅かの時間でも冷蔵庫内で保管すること。

調理後は、速やかに消費
・菌の増殖が非常に早いので、調理後は早く食べること。

腸炎ビブリオの特徴

・海水中の生息、海水温が上昇すると大量に増殖する。
・真水、熱に弱い。
・食中毒の症状は、激しい腹痛、下痢(潜伏期間:10時間から18時間)

腸炎ビブリオ食中毒注意報
プレスリリース(PDF:269KB)
啓発用リーフレット(PDF:111KB)

愛媛県ホームページ食中毒注意報の発令(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民福祉部健康増進課(保健センター) 

伊予市尾崎3番地1(伊予市総合保健福祉センター内)

電話番号:089-983-4052

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?